1.ケガの予防
   
ケガをしやすい部位に予めテーピングをし

てケガを防ぐ


2.傷害時の応急処置

ケガをした直後、患部を固定・圧迫して悪

化を防ぐ


3.再発予防

ケガをした部位の悪化・再発を防ぐ


4.リハビリテーション

機能回復時のためのサポート

テーピングの効果


1.関節可動域の制限


2.患部の固定


3.圧迫 

(腫れや内出血の広がりを防ぐ、肉離れの

症状緩和)


4.靭帯・腱の補強 

(傷害などで弱っている部位のサポート)


イメージ イメージ イメージ




テーピングの目的・・・
イメージ