運動療法の流れ

 メディカルチェック 血圧測定

 フィジカルチェック 体力測定 体格測定

運動療法実施

 ストレッチ

 レジスタンストレーニング
 
 自分の体重を負荷した筋力強化・
 
 チューブ・ダンベル

 エアロビックスエクササイズ 
 
 トレッドミル・エアロバイク

 
 2〜3ヶ月後に効果判定を行ないます。




効果・・・肥満を予防・改善
     
     心肺機能を高める
     
     筋力低下を防ぎ、体力を高める
     
     関節の動きを維持・改善
     
     協調した運動ができるよ
運動療法とは、健康維持・増進における運

動の効果が医学的に認識され、メタボリック

シンドロームや生活習慣病の方、足腰の筋

力低下を感じている方、健康の為に自分の

体力にあった運動を始めたい方、高齢者の

寝たきり防止に効果が期待されています。


一人ひとりの健康状態、体力にあったプログ

ラムで運動療法を進められるので、身体への

大きな負担はありません。


運動は長く続けて初めて効果がでてきます。

長期的な運動で筋肉量を増やしましょう。

大切なのはあなたに合った運動を見つけ、

続けて行くことです。